家族葬と葬儀の種類

葬儀の種類としてみた時の家族葬のもつ違い

お葬式の種類はいろいろと出てきていますが、それぞれのライフスタイルなどに合わせて選択ができるようになってきたからといえます。これまでのお葬式が、宗教的な部分に合わせて作られてきたことに対して考えてみると、もっと身近なものに変わってきているともいえます。家族葬もそのひとつですが、一般的なお葬式とは異なる部分を多数持っているといえるでしょう。定義として考えれば、参列する人を限定するのが特徴であり、家族や本当に親しかった友人などに絞り込むところが違いです。

できる限りコンパクトにする方法であって、これ以上の定義が存在していません。費用を抑えることができる点で有効な方法で、絞り込むことによって、人数の変動もなくなります。香典返礼品といったことも必要が最小限となりますし、食事などの用意も無駄がありません。家族で送り出すといった意味では、なにか細かなことにこだわる必要がなくなり、食事も自由に取ることができます。種類としてもいろいろとバリエーションが存在し、宗教色を排除するといったことも可能です。故人が遺言で家族葬を望み、さらにコンパクトに直葬にしてほしいといったことも出てきます。

一般参列者がいないことによって、遺族はゆっくりとした時間を過ごすことができるでしょう。一般のお葬式を考えるとわかりますが、遺族が故人と過ごす時間はかなり限定されてしまいます。ゆっくりと別れを悲しむような暇さえもありません。本来は家族のための通夜も多くの人が訪れるようになり、お葬式と日にちの違いぐらいしかなくなってきているのも現状です。それだけに、本来の別れという部分に立ち返ってみると、家族葬が浸透してきたのも理解できる点となるでしょう。

だんだんと理解されるようにもなってきていますが、それでも参列できなかったことに対して連絡が入ってきたりもします。社会的な別れも必要になることは確かですが、優先順位はなにかという部分も立ち返ってみなければいけないでしょう。社会的な部分や宗教的な意味合いは、家族の別れよりも優先されるべきではないからです。