家族葬と葬儀の種類

家族葬が葬儀の種類として認知されるため

家族葬がお葬式の種類として認知されるようになった反面で、デメリットも多数あることは間違いありません。デメリットを理解して、克服していくことも必要になってきているのは確かです。社会的な部分や宗教的な考え方は、かなり希薄になってきているのも間違いありませんが、それでも人間的なつながりはなくなるわけではありません。故人のためを考えても、お葬式がきっかけでもめ事になるようなことは避けるべきでしょう。

お葬式の種類として、一般葬と大きく異なることは、必要以上に広げないという部分です。できるだけコンパクトにしていくことで、余計な費用も発生させずに済みます。ところが、社会的な関係性を考えると、家族葬が難しいといったことも考えられるでしょう。そこで、亡くなったことを手紙で伝えていくといった方法もあります。電話を使えば、非常に時間がかかるでしょう。

一人ひとりの疑問に答えてもいかなければいけません。これでは切りがないのも確かなため、手紙に家族葬に至った経緯を記し贈ることによって、理解を求める方法です。これまでの関係性に対する霊場としての役割も持たせるため、家族葬の様子もまとめておけば、家族葬に対する知識が薄い状況であっても理解もされるようになるはずです。

デメリットとしてあげれば、友人や知人といった、一歩離れた立場にある人が参列できない部分があるのは間違いありません。この状況がもめてしまうことになるのは間違いのないことです。なぜ自分は参列できないのか、拒否される理由が理解できないといったところになるでしょう。このデメリットを解消させるために、しのぶ会など別におこなう方法があります。密葬と本葬の関係に近いものがありますが、弔問という気持ちを別のかたちにしていくといったところになるでしょう。何もかしこまった形にする必要はありません。ホームパーティーのようなかたちをとって、故人の話ができる場を用意するだけでも違いがあります。これだけで大きな違いが生まれてきて、不満という部分も解消できるようになるのですから、効果的な方法となるはずです。